視線入力についての理解を深めるための動画

さて、このシリーズも大詰め

視線入力装置を活用する際に参考にしたい書籍とWebサイト
こちらのシリーズの続き 導入に際して参考にしたい情報源です。 1.書籍 視線でらくらくコミュニケーション 戸...

今回は動画です。

主には福島さんと伊藤さんのyoutubeチャンネルが参考になります。

福島さんのyoutubeチャンネル

174iamsam

伊藤さんのyoutubeチャンネル

Fumihito Ito

ここからダイジェストでご紹介。

伊藤さんのyoutubeチャンネルから。

第3回日本難病医療ネットワーク学会学術集会「ローコスト視線入力装置による意思伝達利用の有用性と課題」
第3回日本難病医療ネットワーク学会学術集会「ローコスト視線入力装置による意思伝達利用の有用性と課題」

タイトル通りの低価格の視線入力装置がどうして普及したかを知る動画になります。

特筆すべきは、三保さんの入力の早さです。視線と呼気スイッチを組み合わせています。筋疾患系の方々の場合、こういった方法で操作をすることで、とても早く入力が可能になります。(注視で入力しているそうです。0.3秒の注視で、トビーのソノキーでWordに入力しています。くわえているのは唾液の持続吸引チューブだそうです。)

視線入力装置でさまざまな活動ができるようになったSMA1型の女の子
視線入力装置でさまざまな活動ができるようになったSMA1型の女の子

特別支援学校のルカさんがスイッチの操作だけから、スイッチと視線入力装置の組み合わせに変えたことで、どれほど操作の可能性が広がったのかがよく分かる動画です。

利用者を支える支援者の姿勢を考える動画(これが EyeMoT 3D 風船割りの正しいリアクション
視線入力ソフトEyeMoT 3Dをインテリ看護師が使ってみた

福島さんのyoutubeチャンネルから

EYEMOTを中心に視線入力装置を活用してコミュニケーション力を向上させた児童の動画
EYEMOTを中心に視線入力装置を活用してコミュニケーション力を向上させた児童の動画
先日公開したこの情報ですが これを見て思いだしたのは、秋田の男の子の事例。 彼がEYEMOTを活用して練習した事...

180711小4年-Tobii Eye Tracker 4Cで【SOUNOS VALKA】【EyeMoT 3D_風船割り】
180711小4年-Tobii Eye Tracker 4Cで【SOUNOS VALKA】【EyeMoT 3D_風船割り】
180606小4年-Tobii Eye Tracker 4Cで【SOUNOS VALKA】【EyeMoT 3D_風船割り】【EyeMoT 3D_射的】
180606小4年-Tobii Eye Tracker 4Cで【SOUNOS VALKA】【EyeMoT 3D_風船割り】【EyeMoT 3D_射的】
「眼科の医師から『CTで見る限り、この子は見えていない』と断言された子どもが楽しんでいる事例
170703小2Tobii Eye Trackerで【EyeMoT_3D 風船割り<Dinosaur><Invader>】【EyeMoT_3D 射的】
170703小2Tobii Eye Trackerで【EyeMoT_3D 風船割り<Dinosaur><Invader>】【EyeMoT_3D 射的】
171204小2 Tobii Eye Trackerで【EyeMoT3D】風船割り&LookToLearn パイ投げ
171204小2 Tobii Eye Trackerで【EyeMoT3D】風船割り&LookToLearn パイ投げ
181102小3年-Tobii Eye Tracker 4Cで【EyeMoT_3D Game 00風船割り】風船以外の画像を標的にして
181102小3年-Tobii Eye Tracker 4Cで【EyeMoT_3D Game 00風船割り】風船以外の画像を標的にして

さいごに

海外のニュースから

27-year-old artist with cerebral palsy defies odds to create stunning art
27-year-old artist with cerebral palsy defies odds to create stunning art

海外のニュースですが、視線入力で描いた絵が14,000ドル(約160万円)で落札されたという事を紹介しています。描き方は、細かい線を精密に書かれていて、とても根気がいることがよく分かります。福島さんが紹介したこの方の場合は、もともと絵をかいていた人が動けなくなって描いた絵ですが、ここで登場するフェリシアさんの場合は生まれつきの障害があるにもかかわらず、これだけの絵をかくのですから、本人の能力と周りの支援、視線入力装置の組み合わせがなければなかなかできないことだと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする