【改訂版】iPadを使って漢字にルビを振る方法

漢字にルビを振るアプリについて、以前2回に分けてご紹介しました。

ふりがなを付けたいというご相談がありまして
ある学習会に参加している方々からふりがなを簡単に付けられる方法を教えて欲しいと相談がありました。 Windowsなら、...
ルビ振りの話題その2
昨日のこのルビ振りの続きです その後、Facebookで相談したところ、やはり同じ「ふりがな」を紹介されました。 ...

そうしたところ、2回目に紹介したGoogle翻訳で私が紹介した方法ができないという相談をいただきました。

実は、先日学習会をしたときにも同じ現象が見られ、困っていました。

たぶん、同じ原語同士での翻訳というのは意味がないので、仕様を変えて出来ないようにしたみたいなんです。

そこで、あらためて、上記の2つの記事を再編し、新しい情報を加えて紹介します。

1.ふりがな

また見つけました,ふりがなソフト
前に紹介したようにふりがなソフトって結構あります。 IPADアプリ ふりがなブラウザFURIGANABROWSER 今回はFacebookで...

アプリはこちらよりダウンロード

‎ふりがな
‎「ふりがな」は日本語文上の漢字にフリガナを自動で振るアプリケーションです。 インターネットに接続してなくてもフリガナを振ることが可能です。 iOS標準搭載の辞書の他、IPADic、UniDic、JumanDic、NAIST JDicをオプションでダンロードして、ご利用頂くことが可能です。 クリップボード上の日本...

さて、このアプリに紙に印刷したものを渡すためのアプリ3つ

2.ClipOCR〜人工知能文字認識アプリ

‎ClipOCR〜人工知能文字認識アプリ
‎OCR日本語アプリの決定版がパワーアップして再登場!! ClipOCRはカメラを使って、「人工知能」が印刷物や手書き文字などのアナログテキストを読み取り、 編集可能なディジタルデータのテキストに変換し、共有などができるアプリです。 日本語の縦書きや横書き、英語を含めた、ほぼ全ての言語に対応しています。 - 使い方 ...

これでOCRをかけて、共有先に「ふりがな」アプリを指定すればふりがなを付けてくれます。

3.Office Lens

ここ最近のMicrosoftは凄いな「iPhone 版 Office Lens のアクセシビリティ」
テキストを読むことに困難がある子どもにお勧めのアプリにOffice Lensがあります。 読み書き困難子ど...

ダウンロードはこちらより

‎Microsoft Office Lens|PDF Scan
‎Office Lens を使うと、ホワイトボードや書類の内容を撮影した画像をトリミングし、画質を高め、読み取り可能なデータにできます。 画像は、編集可能な Word ファイル、PowerPoint プレゼンテーションに変換できます。 Office Lens は手軽で便利なスキャナーのように使えます。 ホワイトボード...

4.Voice4U TTS

さて、その他に昨日福島さんがブログでこんな方法を紹介していました。

紙などに書かれた文字を撮影するとテキスト文字に変換して読み上げるアプリVoice4U TTS : Sam's e-AT Lab
学校の授業などで使われる教科書や資料集だけでなく、ワークシートやテストといった配布プリントを読むことは、ディスレクシアの子どもたちにとって困難な場合が少なくありません。その困難さをOCR(Optical Character Recognition/Reader=画像の中に表示されている文字をテ

ダウンロードはこちらより

‎Voice4u TTS
‎Voice4u TTS (Text-To-Speech) は、入力した言葉や文章を自動的に読み上げる会話補助アプリです。自閉症や言語障害など、言語の表現が難しい人々の気持ちや考えていること、行動、必要とするものを的確に伝えることができます。従来のコミュニケーションデバイスと違い、軽く誰でもどこでも持ち運べて使え、今ま...

ちなみに、パソコンなどにデータを渡す事ができるのであれば、Wordでルビ振りをすることもできます。iPad版だとできないみたい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする