ここ最近のMicrosoftは凄いな「iPhone 版 Office Lens のアクセシビリティ」


テキストを読むことに困難がある子どもにお勧めのアプリにOffice Lensがあります。

https://itunes.apple.com/jp/app/office-lens/id975925059?mt=8
Microsoft Lens - PDF Scanner - Google Play のアプリ
OCR 機能を統合したポケット PDF スキャナー
Office Lens - Microsoft Store の公式アプリ
Office Lens を使うと、ホワイトボードや書類の内容を撮影した写真にトリミングや拡張を行い、読み取り可能なデータにします。Office Lens で画像を PDF、Word、PowerPoint ファイルに変換して、OneNote や OneDrive に保存することもできます。 Office Lens は手...

読み書き困難子どもを支援する平林さんのブログでも紹介されています。

読み書きに困難があるこどもを支援しているなら必見「平林ルミのテクノロジーノート」
東大先端研の平林ルミさんがブログを始めました。平林さんの支援の方法はこれまでにもいろいろなところで話題になるぐらい定評があります。その、考え方や具体的な方法を知ることができますから、このブログは必見です。特に、昨日(7月16日)の記事の読み

このOffice Lensについての解説をしているMicrosoftのページを見つけました。

目次

iPhone 版 Office Lens のアクセシビリティ

Microsoft Lens for iPhone のアクセシビリティ - Microsoft サポート
IPhone や VoiceOver など、Microsoft Lens のアクセシビリティ機能イマーシブ リーダー説明します。

これを読んでいると、まるでiPhoneの機能を説明しているかのようです。
Microsoftさん太っ腹ですね。
実は、このサイトはこちらからのリンクで見つけました。

読み書き能力を向上させる学習ツール

Learning Tools - Microsoft Support
Learning Tools is an inclusive set of features available in many platforms and languages to help learners with reading, writing, math, and communication.

そしてこれのリンク元がこちら

Word の学習ツール

Word でイマーシブ リーダーを使用する - Microsoft サポート
学習ツールを使用すると、単語を正しく発音したり、正確に読み取ったり、またその読み取った内容を理解したりすることができます。

読み書き困難な子どもたちがツールとして使うためにどう知ればいいか、丁寧に説明されています。
こちらは、Windowsでの活用方法ですが、こういった情報を知っているか、知らないかで子どもたちの学びは大きく変わってくるはず。
これからは、自分で情報を探していく事が重要だと思いますが、そういったことを学べる環境が作られるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加