視線入力装置を活用する際に参考にしたい書籍とWebサイト

こちらのシリーズの続き

視線入力装置を使う上で揃えるべき機器
さて、こちらの続きです。 今日は、視線入力装置を使う上で揃える必要がある機器リストです。 実は、そういった事はポ...

導入に際して参考にしたい情報源です。

1.書籍

視線でらくらくコミュニケーション

3月18日発売予定「視線でらくらくコミュニケーション」
前にご紹介しました、視線入力の本が日本肢体不自由児協会から3月18日に発売予定です。 ただ、協会の方がいろいろと行事が...

戸山サンライズ情報誌より「生活を豊かにする最先端技術 障害のある人にとっての IOT、ICT 活用の可能性」

戸山サンライズ情報誌より「生活を豊かにする最先端技術 障害のある人にとっての IOT、ICT 活用の可能性」
頼まれて戸山サンライズの下記の情報誌に寄稿しました。 タイトルは 生活を豊かにする最先端技術 障害のある人にとっての IOT、ICT 活...

2.Webサイト

ポランの広場

ポランの広場|福祉情報工学と市民活動
重度障害者のコミュニケーション支援技術の実際と研究のおはなし。主に意思伝達装置とそれを使う患者さんの生活について紹介しています。また、管理人の伊藤ふみひとの研究に関わるおはなし中心に、ややマニアックな技術についても解説しています。ここでいう重度障害者とは、神経筋疾患(ALS・SMAおよび筋ジスなど)・脳血管障害や脳性ま

Sam’s e-AT Lab

Sam's e-AT Lab
障害による困難さのある子どもたちの学習や生活を豊かにするためのe-AT(electronic and information technology based Assistive Technology=電子情報通信技術をベースにした支援技術)に関する話題

寝ログより「目の動きだけでパソコンを操作しようと「Tobii Eye Tracker 4C」を買ってみた。初期設定方法など。」

寝ログより「目の動きだけでパソコンを操作しようと「Tobii Eye Tracker 4C」を買ってみた。初期設定方法など。」
以前にもこちらで紹介したのですがこのブログのデザインで採用しているSimplicityの作者であるYhiraさんがTobiiの使用レポートをブログに書いています。結果としては、ご自身が使われているトラッカーのような精度がなかったので、乗り換

しせんてい

視線入力|視線TEI -しせんてい
「視線入力機器をどのように導入したらいいのだろう。」「視線入力機器をどのようにいかして授業したらいいのだろう。」「視線入力をどのように校内に普及させたらいいのだろう。」・・・このような悩みを持つ特別支援教育関係の人たちのために書いてみました。

Sewisdoms

Sewisdoms – セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

ドロップレットブログより「2017年度日本財団助成事業 重度重複障害児向け意思伝達セミナー のまとめ」

ドロップレットブログより「2017年度日本財団助成事業 重度重複障害児向け意思伝達セミナー のまとめ」
ドロップトークで有名なドロップレットプロジェクトのブログに表記の記事が掲載されていました。 これは、書かれているように、日本財団の助成を...

これ作ってたらオリヒメアイを忘れていたりと、抜けてたものが見つかっちゃいました。

改訂しないと・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする