ハルヤンネさんのnoteより「亀を逃がします事件(2010年8月22日のメルマガ)」

奥平さんの講演をお聞きして、はっと気づかされることは沢山あります。

その中でも、こちらの金魚すくいの話は自分のそうだなと実感するものでした。

【情報再掲】頭の中の金魚をすくう
おめめどうの奥平さんがこの記事を引き出してくださいました。 右の最近のアクセスランキングでもトップです。 おめめどうとい...

ですが、こちらのエピソードの話は自分の実感というよりも子どもたちへの声かけがいかに、子どもの事を考えていないかを考えさせられるものでした。

亀を逃がします事件(2010年8月22日のメルマガ)|過去ログnote|note
★こんにちは、ハルヤンネです♪★  夏は、悩みが少ないんですね。ええ、学校へ行かないから(笑)だって、連絡帳書かなくていいじゃありませんか。いかに対人的にしんどい障害かがわかります。車と一緒で、(困ったことは)対物は比較的楽、対人はたいへんと、私は話していますけど。ほんとに、静かなので。せっかくご参加いただいている...

書かれているエピソードを要約すると、

教室で飼っていたカメがいなくなってしまって、ダダくんが逃がしたことになってしまったそうです。本人に「ダダくん、亀を逃がしましたか?」ときくとダダくんは「カメを逃がしました」と答えます。当然、教員の方はやったんだなと判断してしまいます。

しかしこれは自閉症のある子どもの「エコラリア(反響言語:反復繰り返し)」です。

帰宅して、書いてきくと、「逃がしていません」のダダくんの名前に、大きく○をしたそうです。講演の時には、その紙の写真も見せてもらいました。

冤罪ですね。

障害のある子どもと接するときに、そういった事がおきているかもしれません。

これほどではなくても、言葉の理解が十分でない子どもを指導している場面でも、教員が

言葉だけ

の働きかけをしていることはとっても多くあります。

その方が簡単ですからね。

そして、子どもがそれを理解しているかいないかを十分に考えていない。

特に、肢体不自由特別支援学校だと子どもたちも動けないので、とかく教師主導になってしまいがち。

とても気をつけなければならない事です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする