全国肢体不自由教育研究協議会青森大会 第7分科会資料

先日は青森県八戸市で開かれた全国肢体不自由教育研究協議会 青森大会に参加し
第7分科会 「情報教育支援機器の活用」の分科会でお話をさせてもらいました。

今回は、参加者の相互の交流を大切にしたので、私の話は15分でということでしたので、資料をこちらに掲載させてもらうことにしました。

これの元データはほぼ、このブログに書いたものですが、少しだけ補足を。

上記の絵の「いないいないばぁ」というのは、教員時代に生徒といっしょに作ったアプリです。

これは、前の職場である国立特別支援教育総合研究所の特別支援教育教材・教具展示会に応募したものです。

特別支援教育教材教具展示会 - 独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所

新人賞という一番下の受賞だったので、Webには写真も名前も出ていなかったのですが、応募作品が掲載された資料には名前を入れてもらいました。

いっしょに作った生徒の事をその昔にあった朝日パソコンという雑誌のWebサイトにまだ掲載されていました。

朝日新聞出版 最新刊行物:雑誌:ASAHIパソコン

何でこのソフトを紹介したかというと、この分科会で発表されたお二人は教材としてアプリを作って実践をされていましたので、教員が作るというのもありますが、児童生徒の学習活動として教材を作ってもいいのではということでこれを思い出したのです。

ちなみに、お二人が教材を作るために使ったソフトはこちら。

Sam's e-AT LabよりiPadアプリ「どーれかな」
いつもお世話になっている福島さんが私の紹介したアプリの解説をしてくださいました。 何でこのアプリを見つけたかというと朝日新聞のこの記事か...
Scratch - Imagine, Program, Share
Scratch is a free programming language and online community where you can create your own interactive stories, games, and animations.

1つめのアプリは前にブログで紹介したものです。

2つめのスクラッチはiPadのアプリもあります。

‎ScratchJr
‎スクラッチジュニアは、子供たち(5-7歳)が自分自身で対話型の物語やゲームをプログラミングするという、新しい大切な技術を学ぶことができます。 プログラム用の図形ブロックを組み合わせて、子供たちはキャラクターを動かしたり、踊らせたり、歌わせたりできます。その過程で、子供たちは問題を解決する力、プロジェクトを計画する力...
ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする