9月7日・8日文部科学省「超福祉の学校2019~障害の有無をこえて共に学び、つくる共生社会フォーラム~」

こんなイベントを紹介してもらいました。

「超福祉の学校2019~障害の有無をこえて共に学び、つくる共生社会フォーラム~」参加者募集:文部科学省

なかなか凄いイベントですよ。

以下引用

「超福祉の学校2019~障害の有無をこえて共に学び、つくる共生社会フォーラム~」参加者募集

開催概要

文部科学省は、障害の有無にかかわらず、共に学び、生きる共生社会の実現を目指しています。
本フォーラムは、「学び×ダイバーシティ」「働く×ダイバーシティ」「次世代×ダイバーシティ」をテーマに、障害のある人、支援者、教育関係者等が思いを表現し、学びあうイベントです。障害のある人もない人も、ちがいを超えて交流・対話し、共生社会の実現に向けて考える10のプログラムを用意しております。どなたでもぜひご参加ください!

※プログラム、体験実習コンテンツへのご参加は事前申込が必要となります。参加費は無料です。
以下のリンクより、お申込みください。なお、申込受付は、8月7日(水曜日)から9月3日(火曜日)までの先着順となります。
参加申込フォーム(※外部サイト)
参加したいプログラムを選んでお申し込みいただけます。定員がプログラムによって異なりますので、必ず事前にお申し込みの上、ご参加ください。
※当日も定員に空きがあればご参加いただけます。また、ご見学いただくことも可能です。皆様さまのご来場をお待ちしております。

1. 開催期間

令和元年9月7日(土曜日)、8日(日曜日)

2. 会場

SHIBUYA CAST./渋谷キャスト スペース(G階)
渋谷キャストアクセス(※外部サイト:渋谷キャストホームページへリンク)

3. 主催等

主催:文部科学省
共催:NPO法人ピープルデザイン研究所

凄いのはそのプログラムです。

以下は抜粋引用です

【1日目】9月7日(土曜日)11時00分~18時00分

セクションテーマ「学び×ダイバーシテイ」

1. 【未来言語×超福祉】100年先のコミュニケーションを考える体験型ワークショップ

・内容:「話せない・聞こえない・見えない」状態となり、新しいコミュニケーションのアイデアを参加者の皆さんと探ります。

2. 「凸凹であることを尊重し、凸凹を楽しむ」シンポジウムセッション

第一部 ― 学校で共に学ぶ仕掛け ―
第二部 ― 暮らしの中で仲間と出会う ―
・内容:障害のある子供の自立や社会参加に向けて、生涯にわたり学び続けるために、学校教育段階での多様性が生む共生の学び、個性に合わせた学びのスタイルを見つけていく実践などについて考えます。

3.みんなで学び、つくる共生社会ワークショップ

― 多様な当事者・支援者が、日頃の悩みや課題を共有し、解決に向けたアイデアを出し合う ―
・内容:登壇者からのヒントをもとに、多様な当事者・支援者が、日頃の悩みや課題を共有し、解決に向けたアイデアを出し合うワークショップを行います。

【2日目】9月8日(日曜日)10時00分~18時30分

セクションテーマ「次世代×ダイバーシティ」

4. No one will be left behind ― 誰一人取り残さない社会に向けた次世代による取り組み ―

・内容:これからの日本の教育を背負って立つ次世代の若者たちによる発表やワークショップです。

セクションテーマ「働く×ダイバーシティ」

5. わくわくする仕事づくり。就労体験プロジェクト

・内容:川崎市で開催されている就労体験の取組を紹介しつつ、その体験による参加者の、クラブチームの、そして地域の変容を共有し、体験が生む学びについて考えます。

6. 障害のある人とともにはたらく

・内容:当事者が活躍している現場の事例をきっかけに、共に働くこと、障害のある人が活躍することで生まれる学びについて考えます。

サブプログラム「超福祉の体験実習」

VRを使って、いつもと違う視点から眺めてみたり、物事を考えてみたり。最先端の技術に触れてみたり、タブレットを使った新しい学びの形を学んだり。メインプログラムに加えて、実際に体験しながら学びを深める超福祉の体験実習を開催します。

1. 「聞こえない・聞こえにくい世界」を体験するプログラム 「Deaf VR 」

「聴覚障害」とは単純に聞こえないだけではない。「聴覚障害」と一口に言ってもその「聞こえ方」はまさに 十人十色。同じ風景でも「聞こえる人」と「聞こえない・聞こえにくい人」では全く違った風景になる。その理解を広げるためのプログラムが「Deaf VR」です。

2. 発達障害の方が見えている世界をVRで体験してみませんか?

自閉スペクトラム症(ASD)の特徴の一つとして、知覚過敏や知覚鈍麻といった非定型な知覚があることが分かっています。ここでは、VR装置を用いて、ASD当事者の方がどのように世界を見ているのかを疑似体験し、当事者の方と周囲の方の相互理解を深めていきます。

3. Ontenna ― 音をからだで感じる体験型ワークショップ ―

Ontenna(オンテナ)を髪の毛や耳たぶ、えり元やそで口などに身に付け、振動と光によって音の特徴をからだで感じる装置を用いて、聴覚障害者と健聴者が共に楽しむ新しい形を考える体験型ワークショップ。

4. 学習に困難のある子どものPC、タブレット活用セミナー

視覚や聴覚、腕に障害がある子どもがPCやタブレットを使って学習していることは少しずつ知られてきました。それらに加え、読むことや書くことに困難のある子ども(ディスレクシア)の学習に利用できる製品や機能をご紹介します。

ということで、昨年もこれをやっていましたが、さらにバージョンアップしたように感じます。ぜひ行きたいところですが、大学での業務があって難しい。

申込み受付はすでに始まっている用なので、日程と都合が付く人はぜひ行ってみてください。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする