中国で見たイタリア製の視線入力機器


先日行った中国の福祉機器展で見たことのない視線入力機器がありました。
これは中国製なのか?
と聞いたところ、なんとイタリア製らしい。
機器の名前は
DiALOG
検索するとこのサイトが出てきます。

中国では5万元だとのこと。
(日本円で80万円かな)
マイトビー I-15が役150万円ぐらいなのでその半分でしょうか?
日本語は使えますか,と聞いたら開発中だとのこと。(リップサービスのような気もしますが)
選択肢が増えるのはいいことなので、日本でも販売してもらいたいですね。
同じブースでiPadケースのようなsurfaceのケースも見かけました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加