楽しく学ぶためには続けないと分からないけど、楽しくないと続かない

研修会に呼ばれたときに良く上記のスライドを使います。

これは3点セットになっていてポイントは3つとして

上手な情報収集

・楽しく学ぶ

コミュニケーション

と書いています。

他の3つはリンク先をみてください。

このスライドにはこんな事を書きました。

楽しくなければ続かない
長く続けることが大切
自分に関係がないと思うことも実はつながっている

自分が何でこんなに支援機器やICTのことを続けられたのかといえば、その行動原理はすなわち

楽しかったから

につきます。

この「楽しい」ということについては、前にこんな事も書きましたね。

楽しい授業と分かる授業
皆さんは上記の図を見たときに良い授業はどの順番だと考えるだろうか? これは、仮説実験授業で有名な板倉聖宣さんの「楽しい授業」で書かれていた...

さて、どうして楽しかったのかといえば、3つあって

・新たな発見が見つけられること

・沢山の仲間とつながれること

・やったことが他の人に貢献できること

というのがあります。1つめの発見という意味で考えると、どんな学びでも新しい発見はあるのでしょうが、ICTの進歩は素早いです。

なので、それらを知ることのワクワク感がありました。

iPadが出たときには、これでどんな事ができるのだろう、これのどんなアプリがあるのだろうととてもワクワクしたことを覚えています。

でも、それってその前のPCでの支援機器のもどかしさがあって、求めていることがどうしてもできないという不全感が前提にあったからかもしれません。

視線入力についてもそうですね。

2つめは、人のネットワーク。

私は、元々コミュニケーションは苦手な人です。

ですので、仲間を作るのは上手ではない。

しかし、こうしたインターネットやそれの前にあったパソコン通信を使ったことで、上手に話ができない身近な人だけでなく、気の合う遠方の人とのコミュニケーションができる。

そんな事ができます。

もちろん、そうすることで直接会いたいと思う気持ちも高まりますし、いろいろなところに出かける原動力にもなります。

3つめは、支援機器やICTを学ぶことの一番の目的は授業で使えるものにすること。そして、それは子どもたちのニーズに応えられるようになることです。

自分の手持ちが貧弱で、子どもたちにできること増やせないとすればとても残念です。

そして、それを使うことで子どもが楽しそうな表情を見せてくれればとても嬉しくなります。

昨日も、就学前の女の子二人の自宅に訪問させてもらったのですが、最初は私の訪問を緊張した表情で迎えていました。

でも、スイッチや視線入力でいろいろゲームができると、楽しそうな表情をもらえて、帰るときはまた来ていいといわれるとその気になります。

また、いろいろネタを仕込みたいなと。

なので、続けられるのでしょう。

そういった意味では、楽しく学は続けることだし、楽しくなければ続けられない。

さて、こちらの記事の最後に書いた

ゴッドハンドorこっくりさん「活動の成立に目を向けすぎると(1)」
いつもお世話になっているHamuさんのブログより 活動の成立に目を向けすぎると(1) 肢体不自由特別支援学校にいると,なかな...

「ごきげんなペンキ塗り」

のことを思い出しました。

この話を教えてもらったのは、マジカルトイボックス事務局の小松さんから。

こちらのブログに紹介している人がいたので、引用します。

ポリーおばさんは、トムが悪いことをした罰に塀のペンキ塗りをするよう命じます。トムは嫌々ながらペンキ塗りを始めますが、塀はたいそう長く、とても一日では終わりそうにありません。

 トムに名案がひらめきました。それはいかにも楽しそうにペンキ塗りをすることでした。最初はトムのペンキ塗りを冷やかしに来ていた友人たちですが、次々とペンキ塗りをやりたがるようになりました。トムは簡単には友人たちにペンキ塗りをさせなかったので、友人たちはペンキ塗りをさせてもらうお礼にビー玉やリンゴをトムにあげてペンキ塗りをさせてもらいます。

 結局、塀は一日で見事に塗り終わり、トムは友人たちからたくさんのものをもらって、またポリーおばさんにはペンキを塗り終えたのを褒められました。

(「六月の虫のブログ」より「仕事は楽しく!トム・ソーヤの『ごきげんなペンキ塗り』

自分たちがやっている支援技術やICTが他の人にも使ってもらえるようにするには上記のトムソーヤーのようなアイデアが必要なのかもしれません。

長く続けることが大切、と書きましたがこれは学びについての子で活動を無理くり続けることではない。

先日、信州カンファが10回で終了ですと話題になっていました。

でも、それはそれ良くってカンファレンスの考えていたことが若い世代に伝わり、自分から動き出したいと思う人が増えるのであれば上記の「ごきげんなペンキ塗り」の効果と同じことができているのだと思います。

さて、マジカルトイボックスはどうなんでしょうね。

過去の記事を振り返り、教員に戻って感じること。大切なのは学び続けること
ブログで編集したり、記事を書いたりしているとときどき、過去の記事をサジェストしてくれたりします。 その中で、2つの記事が目に入...

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする