学習に困難のある子どもたちへのロボットの使い方


鉄腕アトムがが生まれた年はいつだか知っていますか?




2003年だそうです。もうすでに、14歳


中学3年生かな?


しかし、いまだにアトムのような高機能なロボットは出ませんね。

ですが、方向性は違いますが、Pepper君が登場したことによって、学びに困難のある子どもたちへのさまざまな可能性が出てきています。

1つめは先端研のDO-ITでの活用。
こんな記事がありました。



まあ、Pepper君でなくても代替システムはいろいろあるでしょうが、人型であることで参加の形は大きく変わるでしょうね。
私も、20年前から、病弱の子どもたちの遠隔学習参加というのを実践してきました。
この論文は、15年ほど前に書いたもの。

この当時に比べると、格段に簡単になってきましたね。
さて、2つめは放課後等デイサービスでの活用。
発達障がいの子ども達にPepperでプログラミング教育を!一燈会の「放課後デイサービス トゥモローランド」が実践スタート | ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン
発達に遅れが見られる小学生から高校生までの子ども達が、学校帰りなどに利用する療育施設が「放課後等デイサービス」だ。厚生労働省によって指定を受けて運営されている施設で、社会福祉法人一燈会の「放課後デイサービス トゥモローランド」もそのひとつ。知的障がいや自閉スペクトラム症などや自閉スペクトラム症など、発達障がいを持つ子ど
今はやりのプログラミング学習ですね。
ネットで探したら、ここだそうです。
社会福祉法人 一燈会 | Ittokai Web Site
Facebookのページもありました。

3つめは、いつもお世話になっているみあい特別支援学校

PP団ですね。
さまざまな可能性を秘めた活用がありそうです。
大切なのは、見方を固定しないことかなと思います。
柔軟な発想が必要。
それは、教員発でなく、子ども発にすることかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加