大阪方面で地震の被害に遭った方には心からお見舞い申し上げます。こんな時こそ大切なのは正しい情報伝達です。


昨日の朝はびっくりしました。
大学の研究室にいたときに突然緊急地震速報が入って、

これから震度3の地震が来ます

というアナウンスのあとに、

「あと19秒後に揺れます」

「あと10秒後に揺れます」

「3」

「2」

「1」

というカウントダウンがあったかと思ったら、すぐに揺れたんです。
こんなに正確に時間が分かるんですね。
とてもびっくりしました。
研究室は大学の5階にあるので、震度3のわりには結構揺れました。
しかし,震源を見ると大阪で6弱だったようですね。

地震情報 - Yahoo!天気・災害
地図画像と文字で震源地、震度、マグニチュードを素早く詳しく確認できます。過去の地震も閲覧可能。

なくなられた方もいたと聞き、心が痛みます。
こういった災害があるときに心配なのは情報が正しく伝わらない事。
熊本の地震ではこんなデマも流れたそうです。

「動物園からライオン放たれたんだが」熊本地震に便乗しデマ拡散 投稿者の男を逮捕 全国初
熊本市動植物園の業務を妨害した疑い。

案の定,今回の地震でも同じような事があったらしい。

「シマウマ脱走」デマ拡散再び 熊本市長も注意呼びかけ:朝日新聞デジタル
 地震発生後、ツイッター上では事実とは異なる「デマ」が飛び交った。「シマウマ脱走」「大阪の京セラドームに亀裂」。これらのほか、大阪と京都を結ぶ京阪電車について、「(大阪府)枚方市で脱線」というものもあ…

残念な事です。
さて、だからこそ情報モラルも大切ですが、それにもまして障害のある人への情報提供はとても大切。
NHKはこんな形で情報提供をしていました。

災害時障害者のためのサイト
このサイトは、大災害が発生した時、支援を要する障害者や高齢者への情報を掲載することを目的にしています。また、日頃からどのように災害に備えればいいか、防災や減災のためのヒントを障害等別に情報をまとめています。

また、前の職場では東日本大震災のあとにこういう情報提供をしていました。

災害時における障害のある子どもへの配慮 - 独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所
独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所

有名なところでは、おめめどうさんはすぐに反応されてこういった活動をしています。

災害時の心得(ハルヤンネさんから)
KINGSTONEさんから転載希望が来ていました。次のマジカルイベントの講師のハルヤンネさんからの転載希望のメッセージを書かせていただきます。ハルヤンネです。以下の文面で、メルマガやメールにて、お知らせしています。おねがいがあります。どうぞ

どちらにせよ大切なのは、伝わらない、伝わりにくい人にこそ正確な情報を提供する事です。
1日も早く、元の平穏な状況に戻る事をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加