漢字のとめはねはらいはどちらでもOK(シリーズ入試における「漢字」の書き取りって)

漢字のとめはねはらいの話題ではこれまでに何回か書かせてもらいました。

入試における「漢字」の書き取りって
学校の試験や大学入試では漢字の書き取りが必ずありますよね。高校入試だと配点率は1割にも占めるようです。しかし,大学入試ではこんな事件がたまにおこったりします。受験票に「正解」が… 小樽商科大で出題ミス今はパソコンの時代なので書くことよりも読
入試における「漢字」の書き取りって(その2)書籍紹介
以前漢字の書き取りについてこのような記事を紹介しました。入試における「漢字」の書き取りってここでは高校生が漢字の書き取りって意外といい加減だということを調べていたんですが,それを裏付ける本を東大の河野先生から紹介してもらいました。ご紹介して
入試における「漢字」の書き取りって(その3)
以前書いたこの記事入試における「漢字」の書き取りって(その2)講演でも,こんなPPTを使って紹介したりしています。私がするのは特別支援学校や特別支援学級の関係の先生が多いので,受け入れてもらえるようですが,小学校で同じような講演をするとけっ
入試における「漢字」の書き取りって(その4)
この話題も4つめですね。おさらい今回は,その1で紹介した高校生の動画がYoutubeにあがっていましたので,紹介します。これだと,タブレットPCでも見られますね。ちなみに,こんなサイトを見つけました。一番上の漢字のテストこれって上記の記事を
入試における「漢字」の書き取りって(その5)
このシリーズも5回目。少しおさらいをそして、10月にはこんな記事を書きました。この審議会が昨日の2月29日にこんな資料を出しました。以下引用漢字の字体・字形については,昭和24年の「当用漢字字体表」以来,その文字特有の骨組みが読み取れるので

今回は、それでいうと6回目かな?
横浜の内山さんがFacebookで以下のようなことを書かれていました。

ASDとLDのある小学生で、一生懸命漢字のドリルを書いているのに、「止め」「はね」が教科書体と違うというので、バッテンをつけられている子どもがまだまだいる。「とめ」「はらい」問題は文化庁の指針やら、意味がわかりにくい大臣答弁やらが話題になり、色々な意見があると思うけど、なんとか解読できる字がかけるようになった子どもに「とめ」「はらい」が違うからといって×にしたり、「ちゃんと書かないと点数はあげられません」とかコメントするのはやめて欲しい。
下記サイトが参考になります

ということで、こちらのサイトを紹介して下さいました。

https://thepage.jp/detail/20160331-00000003-wordleaf(リンク切れになったようです)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/068/siryo/__icsFiles/afieldfile/2016/03/31/1369048_05_2.pdf

解説するまでも無く、これまでと同じで、国としては,細かく指導しなくてもいいといっているんですけどね。学校はなかなかそうはならない。
信州カンファでは今年もこの下敷きを販売していたようです。

信州特別支援教育カンファレンス : 漢字脱力化ファイル再版決定!

これ、欲しいなぁ。
参加していなかったけど。
上記のことを理解してもらうためにはとっても良い教材かなと思います。

2019/05/25追記
現在こちらで販売されています。
信州カンファで売られていたあの幻のクリアーファイルが販売
信州特別支援教育カンファレンスの参加者にしか手に入らなかった幻のクリアーファイル 漢字脱力化ファイル  「跳ねても木」 がスペース9...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加