ATAC2019報告 日本支援技術協会「障害者の自立と就労を支援する情報支援技術コーディネーターの育成」

昨日と今日はATAC2019に参加しています。

さて、昨日のATACは例年と同じように、とても刺激的な内容でした。

その中で日本支援技術協会では表記の事をご案内しています。

これは、厚生労働省の教育訓練プログラム開発事業の補助金をもらって、新たな研修プログラムを作ります。

主に、今年度はプログラム開発を、来年度は実証研究を進めるものです。

情報支援技術コーディネーター資格については、以前行われていた福祉情報技術コーディネーターが終了してしまいましたので、それと同じような考え方を元に、新たに一から作り直して資格認定試験だけでなく、オンデマンドの研修プログラムも用意しています。

具体的には来年度に受講生の公募をしますが、厚生労働省のプログラム公募では対象を教員と学生は除外することを示されている関係で、来年度の実証研究については申し訳ありませんが、教員の方、学生の方は受講が出来ません。

再来年度以降で本格実施されればその制限はなくなりますが、今回はOTの方やPT、STなどの方、福祉関係の方などが対象となる予定です。

具体的な内容がはっきりしましたら日本支援技術協会のWebサイトでご案内が出る予定です。

一般社団法人 日本支援技術協会 | Japan Assistive Technology Committee

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加