IPA(情報処理推進機構)より「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて

最近知り合いの人の名前をかたった変なメールが来ませんでしょうか?

実は、私にも私宛に前の職場のメールアドレスを書いたメールが来たりします。

そういった物は全て迷惑メールにフィルタリングされているのですが、書き方が巧妙で、知り合いの名前でのメールだったりします。

これは、表記の「Emotet」と呼ばれるウイルスに感染した人がそのウイルスにより知り合いの情報を抜き取られたためです。

IPAでは以下のように警告を発して注意を呼びかけています。

「Emotet」(エモテット)と呼ばれるウイルスへの感染を狙う攻撃メールが、国内の組織へ広く着信しています。特に、攻撃メールの受信者が過去にメールのやり取りをしたことのある、実在の相手の氏名、メールアドレス、メールの内容等の一部が、攻撃メールに流用され、「正規のメールへの返信を装う」内容となっている場合や、業務上開封してしまいそうな巧妙な文面となっている場合があり、注意が必要です。今後も同様の手口による攻撃メールが出回り続ける可能性があるため、事例と手口を解説するとともに、対策や関連情報を紹介します。

Emotet(エモテット)関連情報 | 情報セキュリティ | IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
情報処理推進機構(IPA)の「Emotet(エモテット)関連情報」に関する情報です。

基本的には、メールの発信者のアドレスを確認することです。

名前は知り合いでもアドレスが全く違うところから発しています。

そして、添付ファイルを開くのも要注意です。

また、Wordなどにおいてはマクロなどの設定を許可していると感染するので、あまりその仕組みが分からない人の場合は標準でマクロが動かないようにしておきましょう。

多少不便を感じますが、感染することによる被害は大きいのでどうしてもマクロを動かさなければならない場合は、信頼できる人に直接聞いて使えるようにした方が安全です。

又、どちらにせよパソコンのウイルスチェックソフトは最新のものにし、メールソフトも迷惑メールの設定を強めにしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加