【悲報】レッツチャットが販売終了

こんなニュースが飛び込んできました。

『「意思伝達装置レッツ・チャット」販売終了のお知らせ』
少し残念ですが、ご報告です(以下、会社としての案内です) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「意思伝達装置レッツ・チャット」を応援して…

作者は「少し残念ですが」と書いていますが、「非常に残念です」

以下引用

「意思伝達装置レッツ・チャット」を応援して下さった皆様へ

レッツ・チャットは2003年の発売以来、⽇常のコミュニケーションツールとして数多くの⽅にお使いいただきました。

しかし、昨今ではタブレットを活⽤したコミュニケーション機器も多数登場、本製品としては⼀定の役割を終えたと判断し、販売を終了させていただくことになりました。

なお、レッツ・チャットの後継品の発売予定はございません。

⻑年に渡りご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

ううむ、レッツチャットはその動作の安定性や電源を入れればすぐに使える簡便さなど,いまは置き換わってきているタブレットPCとは違った方向性ですぐれたものでした。

そして、以前にもお知らせしたようにファンコム解散の危機を乗り越えてきたのですが

ファンコム解散とその後
以前紹介したようにいろいろなメーカーが支援機器の開発や発売,販売をやめていてパナソニック傘下のファンコムさんも解散となっていました。 しかし...

とうとう販売終了になってしまったそうです。

残念でなりません。もちろん、例え支援機器だとはいえ、企業がそれを扱うのであれば収益を見込めなければ難しいのでしょうが、これを使っていたひとはとても多く、またこれによって自分の意思を伝えられるようになった人もいましたから今後どうなるかが心配です。

同じような支援機器でこんなニュースもありました。

「らくらくマウス」存続の危機 障害者向け定番PC機器、継承を(共同通信)|dメニューニュース
 手が不自由な人でもパソコンを操作できるように工夫した「らくらくマウス」が、製作、販売を手掛けるNPO法…

支援機器が今度のように変わっていくか、私たち中間ユーザーの役割など考え直させられる出来事です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする