マジカルトイボックス第47回イベントで作るスイッチインターフェースについて


マジカルトイボックス第47回イベントで作るスイッチインターフェースについてお問い合わせをいただいているので、少しご紹介します。
製作するのは

iPadをスイッチでコントロールするためのBluetooth SwitchBox

となります。
キットで使われるものはmicro:bit というマイコンになります。
たまたまですが、お知り合いのまほろばさんも同じようなシステムでスイッチインターフェースを紹介されていますので、詳しくはそちらを参照されるとわかりやすいかと思います。

マジカルトイボックスでは、キットの部品は全てこちらでご用意しますし、ケースもこのキットのために特注で おんちゃん さんに作ってもらっています。
おんちゃん さんはこれまでにもマジカルトイボックスのためのインターフェース製作会のためにさまざまなご協力をいただいているエンジニアの方です。
さて、こちらのマジカル版の方の仕様ですが以下のように考えています。

<コンセプト>
・多機能をアピールするのでなく、必要な機能に絞って、
詳しい方でなくても扱いやすい支援機器にする。
・複雑なことを試みたい方には、自己責任でプログラムの改変が可能。
<基本仕様>
・基本的には、iPad用のスイッチボックスであるが、モード変更によって、
WindowsPCでも利用できるものにする。
・Android端末は、非常に多様な機種があり、検証をすることが困難であるため、現時点では考慮しない。
<動作に関する仕様>
・モードは、「Tablet Mode」と「PC Mode」の2つにして、それぞれ、
micro:bitのA,Bボタンに割り当てる。
・「Tablet Mode」の出力は、Space,Enter,h で長押し対応
・「PC Mode」の出力は、Tab,Enter,Space でワンショットのみ
・「Tablet Mode」時は、スイッチonでそれぞれ[S][E][H]
をディスプレイに表示し、スイッチoffでそれぞれ[s][e][h]
をディスプレイに表示する。(アルファベットの大文字と小文字で外部スイッ
チのon/offを表示)
・電源を入れると、基本的には「Tablet Mode」になる。

となります。
言葉だけだと分かりにくいので、今後は動画等の解説も考えていますが、まずはこんなとろろです。
また、この仕様については今後準備の段階で変更の可能性があるので,ご注意下さい。
なるべく参加者が使いやすいようにと考えています。
イベント申込みはこちらより

https://www.kokuchpro.com/event/mtbevent47/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加