【速報】コロナウイルスの影響で出された文部科学省の通知(障害のある幼児児童生徒に関すること)

文部科学省から

新型コロナウイルス感染症対策のための小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校
等における一斉臨時休業について(通知)

という通知が出ました。

新型コロナウイルス感染症対策のための小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における一斉臨時休業について(令和2年2月28日)(PDF:143KB) 

この中で、障害のある幼児児童生徒についての文言があったので切り出します。

(障害のある幼児児童生徒に関すること)
7 特別支援学校等に在籍する障害のある幼児児童生徒(以下「幼児児童生徒」という。)には,保護者が仕事を休めない場合に自宅等で1人で過ごすことができない幼児児童生徒がいることも考えられることから,各教育委員会等においては福祉部局や福祉事業所と連携したうえで,地域の障害福祉サービス等も活用して,幼児児童生徒の居場所の確保に取り組むこと。
やむを得ず,福祉サービスの人員確保の問題等で幼児児童生徒の居場所を確保できない場合等,臨時休業措置をとれない場合は,多くの幼児児童生徒が同じ場所に長時間集まることのないよう,必要な対策を行ったうえで,必要最小限の人数に絞って登校させる等の特段の配慮を行うこと。
また,特別支援学校の寄宿舎については,基本的には学校に準じて休業するものと考えられるが,保護者が迎えに来られない場合等,個別の状況に応じて柔軟に対応すること。

教育委員会の指示を受けた上で、各学校で適切な措置をすることを願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加