プリント資料を手間なくOCRにかけてテキストデータにする方法

前のこの記事
「紙の書類を読み上げさせたり,ルビ振りをしたい」というご質問がありました
その後も、どうすれば手間なくできるか考えています。
そんなタイミングでシマシマさんが以下の投稿をされていました。

  1. OneNoteからOCR使ってWordで読み上げしてみました1
  2. OneNoteからOCR使ってWordで読み上げしてみました2
  3. OneNoteからOCR使ってWordで読み上げしてみました3
  4. OneNoteからOCR使ってWordで読み上げしてみました4
  5. OneNoteからOCR使ってWordで読み上げしてみました5
  6. OneNoteからOCR使ってWordで読み上げしてみました6

マクロを使うなど、ちょっとマニアックな面もあるので、エッセンセスのみを参考にした方がいいとは思いますが、工夫次第では省力化できそうです。
やはり、iPadよりもPCでOCRをかけた方がいいような気がします。
でも、実はiPad対応のスキャナもあるようですね。
ScanSnap iX100
これだと、データは無線で飛ばせますしバッテリーがついているので、コードレスで利用できそうです。
両面スキャンには対応していないようですが、大量でなければそれほど困らないかなと思います。
問題は、iPadに送ったデータをどのソフトでOCRかけるかですね。
先日の北海道の研修会では河野さんがiよむべえを紹介していました。



iよむべえ
App

価格:3600
ジャンル:仕事効率化

元々は視覚障害者のためのソフトなのですが認識率は高いとのことです。
ちなみに、広島大学の氏間先生はiPhoneを置く台を製作されています。
こうすることで、ぶれができずきれいに映像を撮ることができるそうですが、この台を持ち運ぶのか、それともスキャナーを持ち運ぶ方がいいのかは微妙な感じですね。
iPhoneでOCRするための台 Mobile Scan Guide Azu
以上が今のところ知り得ている限りの情報の整理です。
もっといい方法もあるかもしれません。
さて、そんなことを書いていたら通常の教育でも紙の教材をデジタル化する実証実験をされるとの記事を見つけました。
DNPとマイクロソフト、紙の教材をデジタル化する実証実験を開始
大日本印刷と日本マイクロソフト 全国の小中学校で膨大な量の小テストをデジタル化するプロジェクトを開始(DNPのサイト)
大日本印刷と日本マイクロソフト、全国の小中学校で膨大な量の小テストをデジタル化するプロジェクトを開始(マイクロソフトのサイト)
教科書のようなものならあらかじめデジタルデータから考えればいいのですが、日々出される教材プリントの場合にはそうはいかないのでしょうか。でも学校の先生がちょっと協力すれば最初からデジタルでとも思うんですけどねぇ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は
1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
こちらもよろしく→
フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加