OCR機能が凄い「一太郎Pad」は「タッチ&リード」の代役になるかも

パソコン歴は30年以上になるので、もちろんNECのPC98シリーズの頃から一太郎を使っていました。日本語入力のシステムとしてはATOKに慣れているので、Macでも日本語入力はATOKです。

そんな私なので、iPadでも今は配信を停止されているATOK Padを使っていました。

PCのアプリもあって、データの連係も図れるので、便利だったんですが、いつの間にかサポートやめちゃって、当時のデータはEvernoteに連動させていたので、なんとか残せましたが、最終的に残せるのはテキストデータなのかもしれませんね。

さて、そんなジャストシステムが一太郎の最新バージョンと連係する一太郎Padというアプリを出しました。

スマホやタブレットと連携 一太郎Pad登場! | 一太郎2020 | ジャストシステム
スマートフォン・タブレット専用メモアプリの「一太郎Pad」は一太郎2020とシームレスに連携することもでき、文書作成の可能性を大きく広げてくれます。

前述のATOK Padと似たような感じのメモアプリなんですが、これの凄いところはOCR機能。

さっそくこんな画像を撮って

読み込ませましたが、完璧。

手元に縦書きの新聞記事があったので、それも読ませてみました。

ほぼ完璧

これは凄いですね。

これまではOCRのアプリとしては「タッチ&リード」と「Office Lens」をご紹介していたんですが

発達障害のある子どものiPad利用「ニーズ場面に応じた整理」
昨日は時間が無くって、具体的なアプリのリストが書けませんでした。 今日はリスト編です。 読む タッチ&リード Off...

動作も速いですし、読み上げ機能はないけど、OSのアクセシビリティ機能を使えば読み上げてくれましたので、それで代替できそうです。

無料で使えるので、試してみてはどうでしょうか?

ダウンロードはこちらより

https://apps.apple.com/jp/app/id1490522571
一太郎Pad - Apps on Google Play
カメラ・写真から自動文字おこしで、かんたんメモ作成! キー入力でのメモ作成も省入力ツールでスムーズに。 シンプルな操作で、時短入力が特長のメモアプリです。 ■こんな使い方がオススメ ・いつでも、どこでも、思いついたらすぐにメモ。 ・紙の文書をテキスト化し、データ再利用・検索性アップ。 ・掲示物や看板からテキスト化。...

ううむ、久しぶりに一太郎を買い直してみようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加