ISAAC2018に来ています


日本を日曜日の夜に出発し、昨日からオーストラリア、ゴールドコーストで開かれているISAAC(The International Society for Augmentative and Alternative Communication)というAACの国際会議に参加しています。

アメリカで開かれる3大会議であるCTGCSUNATIAには何回か参加しているのですが、これがオーストラリアで開かれるというのを昨年のCSUNの時に知って、ぜひ来たいと思っていました。
前記のカンファレンスは会場が固定されていて,それぞれミネソタ州、カリフォルニア州、フロリダ州で開かれるのですが、こちらは2年おきに、世界各国で開かれています。
前記のWebサイトを見ると,開かれたのは

ISAAC 2016トロント
ISAAC 2014リスボン
ISAAC 2012ピッツバーグ
ISAAC 2010バルセロナ
ISAAC 2008モントリオール
ISAAC 2006デュッセルドルフ
ISAAC 2004ナタール
ISAAC 2002オーデンセ
ISAAC 2000ワシントンD.C.
ISAAC 1998ダブリン
ISAAC 1996バンクーバー
ISAAC 1994マーストリヒト
ISAAC 1992フィラデルフィア
ISAAC 1990ストックホルム
ISAAC 1988アナハイム
ISAAC 1986カーディフ
ISAAC 1984ケンブリッジ

となっています。
AACという名前のようにコミュニケーションの特化しているので、前記の支援技術の国際会議とすこし違って、肢体不自由や知的障害があってコミュニケーションニーズの高い人のための支援技術が中心といった感じです。
日本人も何人か参加されていました。
アメリカと違って時差がそれほどないので(1時間早い)ジェットラグは無いのですが日常的にジェットラグなので朝早くから起きてしまいます。
前記の写真は手に付けるEMG(筋電)スイッチでiPadのスイッチコントロールをデモしている様子でした。
この他にもいろいろあるようですが、初日は午後からの参加だったので、また面白いものを見つけたら紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加