発達障害とiPad利用について(2018/5/2版)


いいやー、あいだを開けるとダメですね。
前回こちらを書いてから頑張って続きをと思ったんですが、いろいろなことが重なっておざなりにしていたら、続きがかけませんでした。
なので、とりあえずはここでいったん閉じて、少ししたら見返してみます。
ということで、こちらからの更新です。

また、何かいいアイデアがあればお教え下さい。

「聞くこと」を支援する

http://magicaltoybox.org/kinta/2018/01/05/16187

「話すこと」を支援する

http://magicaltoybox.org/kinta/2018/01/10/16221

「読むこと」を支援する


http://magicaltoybox.org/kinta/2018/01/11/16227

「書くこと」を支援する

発達障害とiPad利用について その4「書くことを支援する」
こちらのシリーズより1. UPAD2. GoodNotes43. Simplemind+4.  iThoughtsHD5. Microsoft Pix カメラ6. 無音カメラーフォトエディタ7. QuickVoice® Recorder8.

「計算すること」を支援する


http://magicaltoybox.org/kinta/2018/01/17/16253

「推論すること」を支援する

発達障害とiPad利用について その6「推論することを支援する」
こちらの続きです1. iMindMap2. Idea Sketch3. SimpleMind4. iThoughts5. こども脳機能バランサー for iPad6. どうぶつまる7. YumYumパズル8. ロイロノート9. Popple

「運動と姿勢」を支援する

発達障害とiPad利用について その7「運動と姿勢を支援する」
こちらの続きです1. BallStrike2. Coach's Eye - Video Analysis3. Color Band4. 姿勢CHECKER - S5. 座り姿CHECKER - Sすみません、姿勢や運動に関するアプリの情報は

「日常生活活動」を支援する

http://magicaltoybox.org/kinta/2018/01/28/16309

「不注意による困難」を支援する

発達障害とiPad利用について その9「不注意による困難を支援する」
こちらの続きです1. たすくスケジュール2. 絵カードカウンター3. かんたんスケジュール4. やることカード5. アクセスガイド6. ペアレンタルコントロール7. ノイズキャンセリングヘッドフォン8. FM補聴システム9. イヤーマフ10

「多動・衝動性による困難」を支援する

発達障害とiPad利用について その10「多動・衝動性による困難を支援する」
こちらの続きですということだったのですが、実は今回はお手上げです。iPadを使っての支援ということよりも、多動性・衝動性のある子どもの特性としてはこれまでの不注意を支援したり、時間管理を支援するという事がを応用的に使えるものになると思います

「社会性・コミュニケーション」を支援する

http://magicaltoybox.org/kinta/2018/03/04/16555

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加