マジカル展示団体7「黄昏スイッチくらぶ」


少し怪しげなこの団体名は、私が特総研に勤めた2年目に担当させてもらった、研修員の皆さんのグループです。

黄昏時になると集まって皆さんと一緒に電気工作や教材作成などをしました。
そして、このメンバーはとても優秀で、なんとカンファレンスを作ったり
なんとカンファレンス
なんとカンファレンス - 「いいね!」1,148件 - 障がいのある人の生活を楽しく豊かにすることをお手伝いします。
魔法のティーチャーになったり
http://maho-prj.org/?cat=21
視線入力の実践まとめられたりとか、
ローコスト視線入力装置でA君の生活を支援する
知り合いのなまはげ先生こと高橋正義さんの論文が、ポランの広場に掲載されました。この実践は公益財団法人齋藤憲三・山﨑貞一顕彰会に助成を受けて行われたそうです。具体的な事例として、参考になります。最後の部分に本社の人と不具合についてやりとりをし
研修を終えて、各地に戻ってから着実に実践を重ねられています。
研究所では私が教える事よりも、研修に来て下さった先生方に教わる事の方が多かったと思います。
今回の展示では、どんなものがあるか、楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加