7月22日(日)NHKハートフォーラム「自閉スペクトラム症の人たちが暮らしやすい社会をめざして」(奈良県生駒市)


松谷さんから教えてもらいました。

以下引用
まずは書き出しより

平成30年7月22日(日曜日)、生駒市たけまるホール(奈良県生駒市)で、NHKハートフォーラム「自閉スペクトラム症の人たちが暮らしやすい社会をめざして~一人ひとりの特性に応じたICT支援の可能性~」を開催します。
自閉スペクトラム症や発達障害のある子どものさまざまな“困難”をサポートする手段として、パソコンやタブレット端末などのICT機器の活用が注目されています。一人ひとりの障害の特性や個性に合わせたIT・ICTの効果的な利用法と支援について、関西文化科学研究都市(けいはんな学研都市)の中核となる生駒市で、特別支援教育の専門家と支援者、当事者・家族がいっしょになって考えていきます。

という事で、以下の予定で開かれるそうです。

日時

平成30年7月22日(日曜日)
午前10時30分~午後4時(開場は午前10時)

会場

たけまるホール
奈良県生駒市北新町9番28号(近鉄奈良線生駒駅北側徒歩3分)[アクセス] ※本サイトを離れます。

定員

500人(入場無料)

内容

基調講演「自閉症のある人への支援 ~ICTの活用と新しい能力感~」

講師:坂井 聡(香川大学教育学部特別支援教育教授)

シンポジウム「一人ひとりの特性に応じたICT支援とは」

パネリスト:松谷 正大/松谷 真由美(読み書き障害のある高校生の保護者)
中谷 正恵(自閉症スペクトラム支援士、株式会社「童夢」代表)
吉田 幸世(放課後等デイサービス「ツクル」児童発達支援管理責任者)
西端 律子(畿央大学教育学部現代教育学科教授)
オブザーバー:坂井 聡(香川大学教育学部特別支援教育教授)
司会・進行:飯田 元(奈良先端科学技術大学院大学ソフトウエア設計学教授)

お申し込みはこちらのサイトまたは、はがき、faxで受け付けるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加