Microsoft「AI を活用した日本におけるアクセシビリティの活動について」


先日マイクロソフトは「AI for Accessibility」というのを発表したそうです。AIの技術利用については、諸処さまざま、私たちの仕事を奪ってしまうという事もいわれていますが、そういった方向性でなく、障害のある人たちを支援するツールとして活用仕様という取り組みが始まったそうです。

そこで、日本国内でも少しお手伝いしている

一般社団法人 日本支援技術協会

一般社団法人 日本支援技術協会 | Japan Assistive Technology Committee

が「Accessibility Developer Community」というのを立ち上げました。

Accessibility Developer Community
## ■Accessibility Developer Communityとは Accessibility Developer Community(アクセシビリティ・デベロッパー・コミュニティ)は、障害や加齢によって身体機能や認知能力に困難のある方が、スマートに情報機器を利用することで快適で豊かな生活を目指せるよう、...

まだまだ、活動は始まったばかりですが、何か面白そうな事ができそうです。
関心のある人はご参加下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加