毎日新聞より「特別学級指導、ICTで支援 香川大と小豆島の小学校、遠隔実験」


いつもお世話になっている、香川大学の坂井さんと高松養護学校の取り組みが毎日新聞の記事に載っていました。

香川県は瀬戸内海にいくつもの島があり、そこにある学校への支援にICTやテレビ会議システムなどを活用しているそうです。
こういった取り組みを見ていると、すべてテレビ会議でと誤解してしまいますが、実際には直接会っての支援もしていると思います。
そういった基盤もありつつ、でもいつでも学校に行ける環境でないからこそ、ICTを使う。
まして、学習に支援が必要な子どもたちの指導が詳しくない教員にどのようなサポートをするか、そんな事を実践しているのはとても素晴らしいですね。
昨年は、石垣島の学校と一緒に仕事をさせてもらいましたが
総務省の実証事業の報告書が公開されました。「知的障害のある児童生徒のクリエイティビティを拡大するプログラミング教育実証」
昨年度、石垣島の皆さんや沖縄本島の皆さんにご協力いただいたプログラミング学習の実証事業の報告書が公開されました。素晴らしい子どもたちや、優秀な先生方のおかげす。そうでなければこんな短期間でやることはできませんでした。開発した教材を使った動画
今年は、科研費をもらって沖縄や石垣島、この事例で紹介されている高松養護学校の皆さんと一緒に研究を始める事になったんですが、このようなシステムも利用できるといいですね。
今度富士通の人に相談してみようかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加