現場にいるということ

以前にも,学校現場にいるのはいいな,と書いたことがあります。
思ったよりも反響があって,戸惑うこともありましたが,今日は桐が丘特別支援学校の公開講座に参加させてもらって,事例を見せてもらう機会がありましたが,やはり現場はいいなと再認識しました。
自分が
「これはいいよ」
と伝えたり
「これは大事だよ」
と伝えても,実際にそれをやっていなければ説得力が弱くなります。
ですが,桐が丘特別支援学校では,そういった事が具体的に実践され,私が伝えていることが具体化されているので嬉しくなります。
それでも,やはり自分の実践として紹介したいな,と思うことがありますね。
この一週間は各地で様々な研修会があるようです。
海外でもそういった発表があるような。
そんな話を聞くと,私も学校にいたら海外の実践発表に参加できたかもしれないのに,との思いもあります。
だからといって,今の仕事が悪いわけではありません。
学校なら,自分の考えていることは担当の生徒にしか伝えられないかもしれない。
ちょっと広げても,自分の学校内ぐらいになりがちです。
でも,今の立場なら全国の特別支援学校に伝えられるかもしれないし,
場合によっては小中高等学校の先生方にもお伝えできる可能性もある。
二桁も三桁の多くの子どもたちの可能性を広げるかもしれない。
そういったつもりで仕事をしていきたいと思っています。
ですので実践をしている皆さん,ぜひ情報をお寄せ下さい。
私が,いただいた情報をなるべく多くの人に伝える役になりたいと思っていますので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加