障害児教育 タブレットに脚光 文字学習、意思伝達に活用

こちらより
障害児教育 タブレットに脚光 文字学習、意思伝達に活用
東京新聞の記事です。
埼玉県の教育センターではICTの活用に関して研究をしています。
成果が広がっていけると良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 関口あさか より:

    いつも楽しみにブログを拝見させていただいております。
    本校の取り組みをブログの記事に載せていただき誠にありがとうございます。ファーストリティリング様や錦明印刷様、カブク様などの企業と共に肢体不自由の子どもたちの表現(コミュニケーション•創造活動)のバリアフリー化を目指した体験研修会を開催しました。企業との表現のバリアフリー化を目指した親子体験会は本校が初めての取り組みとなりました。
    ペンや絵筆を持つことの困難な子どもたちが夢中になってiPadの画面に触れ絵を描き、できたTシャツを自慢気に見せてくれた姿が多く見られました。今後も子どもたちの表現を引き出すために、こどもたちが表現する喜びを感じられるために取り組んでいきたいと思います。もしよろしければ、今度ご助言など頂けると幸いです。また、本校のホームページもご覧いただけると幸いです。

  2. kinta より:

    関口あさかさんどうも
    コメントありがとうございます。
    ぜひ,いろいろな活動を広げて下さいね。
    学校のWebも見せてもらいました。
    いろいろやられていますね。
    青木先生がfacebookで紹介していましたが,校長先生が相談会をするなんてすごいですね。
    機会があればぜひ訪問させて下さい。