NHK【特集】発達障害アバター大集合(1) 自閉スペクトラム症とバーチャル空間

昨日、何気なしにテレビを付けたらNHKの【特集】発達障害アバター大集合(1) 自閉スペクトラム症とバーチャル空間という番組をやっていました。

【特集】発達障害アバター大集合(1) 自閉スペクトラム症とバーチャル空間 - 記事 | NHK ハートネット
発達障害の中でも、こだわりの強さや対人関係が苦手などの特性があると言われる自閉スペクトラム症の人たち。しかし、バーチャル空間のなかではコミュニケーションがとりやすいということがわかってきました。そこで今回はバーチャル空間に番組セットを用意。当事者のみなさんにはアバターの姿で登場していただき、自閉スペクトラム症の人が抱え...

出てくるのは人間ではなくアバター(分身)となる3D動画のキャラクター

ちょっと見には異様な感じかもしれません。

ですが、これを見ながら思い出すことがありました。

それこそ20年ぐらい前、当時まだあった東京小児病院とスタッフの皆さんとVRのアバターを使った院内学級の子どもたちのコミュニケーション環境を広げるプロジェクト。

けっこう高額な予算をもらってやっていましたが、いかんせん当時のインターネット環境やPCのスペックは低いのでそんなに凄いことはできません。

でも、ネット空間で広がるコミュニケーションの方が、リアルなつながりよりも病院で治療を受けている子どもたちにとっては良いのではという仮説のもと実践されたものでした。

時代が進み、今はだいぶ凄いものが出来るようになりましたね。

リアルに会うよりもネット空間の方がいいんじゃないかというのはその昔、中邑賢龍さんも講演などでよく話されていましたが、その当時イメージされていたのは肢体不自由者でしたが、この番組のように自閉症のある人の場合も、有効なツールになる場合がありますね。

私たちはどうしても

当たり前

とか

普通

とかを基準にものを見ちゃいますが、何が当たり前で何が普通かというのは分からない気がしています。

こういった空間の方が落ち着く人って絶対いるし、そういう場所があることは大切なのではと思っています。

この番組、今日も続編があるようなので、時間がとれる人はぜひ見て欲しいです。

ハートネットTV▽発達障害アバター大集合2 グレーゾーンのひと集まれ! | NHK ハートネットTV
発達障害のような特性があるが診断に至っていない「グレーゾーン」の人たちが、仮想空間スタジオに大集合。障害者と健常者の狭間にいる生きづらさについて語り合います。

私もグレーゾーンかな

ここに出ている片付けられない部屋を見ると・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする