トーキングエイドが専用品となって戻ってきました「トーキングエイド プラス」

(トーキングエイドcafeより引用https://www.talkingaid.net/products/ta-plus

ナムコから販売されていたトーキングエイドシリーズですが、「トーキングエイド for iPad」の登場により、iPadの専用アプリのみとなり、ハードウエアーのトーキングエイドがなくなりました。

もちろん、それはそれで時代のニーズに応じた変化だったと思いますが、専用品の良さもあったと思います。

今回、その専用品として「トーキングエイドプラス」という製品がユープラスから販売されました。

トーキングエイド プラス – トーキングエイド Cafe

画面を見てもらうと分かるようにWindowsをベースとして動作しますが、設定によりトーキングエイドしか動かないようになっています。

日本でこの手の製品というと、伝の心がありましたね。

さて、使い勝手はほぼ「トーキングエイド for iPad」と同じようになっていますが、いくつかの改良があります。

例えば、シンボルとして「ドロップレットシンボル」が加わったこと、専用ケースが標準装備されていること。文字のフォント変更ができること(話題のUDデジタル教科書体です)、翻訳機能があることなどさまざまなです。

販売は3月18日からと書かれていますが、まだWebサイトには販売サイトに製品が載せられていませんが、テクノツールのat-mall.comとユープラスのユーズモールで販売されるようです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→ フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする