【読書ノート】サイボーグ時代~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~

マジカルイベントでは何回も展示に来てくださっているオリィ研究所の所長、吉藤オリィくんの2冊目の本です。

オリィ研究所
オリィ研究所。株式会社オリィ研究所はOriHime-分身ロボットを開発・提供しています。

いろいろと乗り遅れていて、彼の活動は凄いなと思いながらも他の人から十分に評価を受けているので距離を置いてみていました。

さて、読ませてもらった本の中で私が一番印象に残ったのは

文句が出る = それだけ新しい

ということ、彼ぐらいにとんがってくればいろんな人がいろいろなことをいってくるでしょう。沢山の方が肯定的に見ていると思いますが、それでも必ず否定的に見る人はいるはず。

そんな事があっても人間やはり傷つくものです。

しかし、考え方をリフレーミングすればそれだけ新しいと捉えることで逆の意味で認められていると考えることができます。

無視するよりもいいのでしょうね。

これからも新しい展開を期待したいですね。

その他にもいろいろと面白かったのですが、

自分の肉体はどこまで必要なのか

ということ、彼自身も病弱な部分があり、体調が悪くて大学に通学できなかったことの話。今の大学はどこも、出席管理がとても厳しくなっています。原則1/3以上の出席がないと単位を評価することもしてもらえません。

そこで、「ビデオチャット」で授業に参加をしてはダメですかという提案を教員にする。もちろん、その当時の返事としてはNG。

普通の学生ならそれであきらめるでしょう。

彼は、それならということで、自分の顔を3Dスキャナにかけて作ったシリコンマスクをorihimeにつけた「ケンタロイド」を教室に持っていってもらい授業参加した。

その上で、教室では積極的に質問や発言をし、授業にいるにはいるが、寝てて授業を聞いていない学生がいることを指摘して、どちらが授業に参加しているといえるかを教員に説いたのです。

もちろん、それまですれば授業参加だと認めてもらうことになります。

この思いは、授業に参加したいと思っていても参加できない多くの病弱の子どもたちの授業参加にorihimeが使われていることと通じているといえます。

文部科学省も、初等中等教育での、そういった授業参加を認めるようになりました。

文部科学省「小・中学校等における病気療養児に対する同時双方向型授業配信を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について(通知)」
文部科学省が9月30日に出した表記の通知文がWebに公開されました。 この情報が出たあと、関係者には通知が届いていたの...

島根県鳥取県(関係者の皆さん大変失礼しました)は全国初で(どんな事がとおもうが)取組も始まったそうです。

分身ロボで遠隔学習 : 地域
    病室・自宅から授業参加  県教委は新年度から、病気療養中の児童生徒が病室や自宅にいながら学校の授業や行事に参加できる分身ロボット「オリヒメ」を本格導入する方針を固めた。県内で2年間行われた実証実験で、学校に復帰し

さて、この本のキモは最後のところ。彼のパートナーであった番田くんの事が書かれています。オリィくんにさまざまな示唆を与えた番田くんは残念ながら2017年に亡くなられてしまいましたが、その番田くんの思いをさまざまな形で実現させていったのがorihimeなのだという事がよく分かります。

サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~
サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~

ぜひ、読んでもらいたい本ですが、実はこのorihimeが出る映画が2月9日から始まっています。

長編映画「あまのがわ」公式WebSite
古新舜監督による長編映画「あまのがわ」の公式WebSiteです。2018年劇場公開予定!「心を無くした彼女は、身体を無くした彼と、旅に出る」

さて、今日は時間がとれそうなので、見にいってみようかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→ フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする