withnewsより生物多様性におけるボトルネック効果

こちらの記事より

どうして多様性が必要なの? ひと目でわかる博物館のイラストが話題 - withnews(ウィズニュース)
「ボトルネック効果(瓶首効果)」という用語を聞いたことがありますか?

なぜ同じ種の中でも個性的な個体がある方がいいかを、じゃんけんに例えて紹介した絵が描かれています。

出店は鹿児島の県立博物館とのこと。今度鹿児島に行ったらぜひ見にいってみたい。

私たちは良くダイバシティーとか、多様性とかいうけどそれをどうしても障害のある人がかわいそうだとか、守ってあげないといけないというような倫理観で考えます。ですが、この絵のように実は生物が本来持っている性質として多様であることは生き残る戦略としても必要だ説明している点が面白い。

そう考えると、障害者とか障害という言葉の定義も考え直す必要があります。

以前こんな記事を紹介しました。

支えの信条
昨日はとても痛ましい事件が起こりました。 これは、事件を起こした人だけの問題ではなく、私たちが障害のある人の権利をどのように尊重するかという...

ここの中にあるyahoo知恵袋の「弱者を抹殺する・・・」のところの回答者の考えにつながるかなと思いました。

人はどうしても明快な回答、わかりやすい答えを求めたがります。

正しいか間違いか

良いことか悪いことか

そういった、ステレオタイプな答えの方が耳障りが良かったりしますが、そんなに簡単では無いでしょう。あの人は良い人だとかそんな事で答えが出せるなら、苦労はありません。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ こちらもよろしく→ フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする