視線入力の記事3つ紹介


視線入力の事が最近はマスコミでいろいろと出ているようです。

その1.西日本新聞より

目の動きでパソコン操作 普及広がる 難病の小4、図工や音楽の学習も
重い障害のある人が、意思疎通の手段として自らの目の動きでパソコンを操作する「視線入力装置」の普及が広がりつつある...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。

島根大学の伊藤さんが佐賀で参加した研修会の様子を中心に掲載されていました。1週間ほどYahoo!ニュースにも転載されていたようです。

人生はじめての ヤフーニュース掲載\(^o^)/ | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動
たいへんミーハーですが,ヤフーニュースに掲載されていてうれしくなってしまいました。 「IT・科学」のカテゴリーです。 目の動きでパソコン操作 普及広がる 難病の小4、図工や音楽の学習も 10/28(日) 配信 この記事を書いてくださった記者は,重度障害児をもつお父さん。なので,的確な記事になったのだと思います。

その2.毎日新聞より

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000017-mai-soci

西部島根医療福祉センターに入所されている田中さんという方が視線入力を使って囲碁のプロの方と対戦した記事です。
身体がほとんど動かせないのです、これまでだと口頭だったりと人の手を借りないと不自由があったのでしょうが、視線で選択すれば人の介在が無く自分の思い通りに勝負ができます。
機器もすごいですが、この方の碁力も素晴らしいですね。

その3.岩手めんこいテレビより

ローカルTime FNN被災地発...
あれから7年...私たちは「被災地のいま」を毎日配信します

以前、ご紹介したこの研修会

【盛岡場所2018】☆ビュッフェ形式☆実践者のための視線&スイッチ入力のシンポジウム in 盛岡 | ポランの広場|福祉情報工学と市民活動
2018年8月29日更新 チラシPDFダウンロード 2018年8月29日更新 みなさんの参加をお待ちしております☆ 重度障害者支援に関する視線&スイッチ入力関連のシンポジウムを開催します。 実践ノウハウの食べ放題企画です。 ネット申し込み(Doorkeeperへリンク)

これに参加された三浦さんという方の事を紹介したテレビ番組です。
視線入力だけでなく、スイッチなども登場しています。
使っているのは、マジカルが開発した棒スイッチ。
福島勇さんが登場していましたね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ こちらもよろしく→ フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする