【読書ノート】〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー) 第4集


こちらからの続きです。

【読書ノート】〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー) 第2集
今日は第2集これに関する過去記事を見たところ、これしか書いてないんですね。なんとあっさりしていることか・・・そんな状態だと、皆さんには知れ渡りませんね。まずは目次から刊行にあたって /金森 克浩支援機器・教材について:iボイスルーラー /苅
【読書ノート】〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー) 第3集
これは、こちらの続きです。さて、この号のテーマは「学習のユニバーサルデザインにATを活用しよう」ということにしました。ICTやATが特別のものとするのではなく、通常の学級等で使ってもらうためには、自然な形で利用してもらいたいという思いがあっ
第4集のテーマはズバリ「合理的配慮を支えるための支援技術」です。
これを作ったのが2014年4月、この前の年の2013年「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が作られ、その3年後である2016年に施行されるということで、合理的配慮を具体化させるためにも支援技術は必要でしょうと考えていました。
さて、昨年度からこの差別解消法が施行されていいますが、実態はどうでしょうか?
いろいろなところが、その実態を検証しているようです。
以前LD学会でワシントン大学ののDO-ITのディレクターの方とお話をしたときに、アメリカでも障害者に関する理解が広まるのにはずいぶん時間がかかったとおっしゃっていました。
ですので、法律ができれば解決するわけではなく、私たちが地道に環境を変えていかなければならないと思っています。
まさに、ハチドリのひとしずくですね。
遅々として進んでいる
ハチドリのひとしずくという絵本があります。今やっていることに効果があるのだろうか、という疑問を持ちつつも頑張っている人は沢山います。でも、このハチドリのように輪が広がっていくことによって大きな影響が進んでいくと信じたいです。ある、特別支援学
さて、この号の目次を見ていきましょう。

刊行にあたって /金森 克浩
巻頭インタビュー 読み書き障害当事者に聞く!支援機器活用
井上智さん ATを活用したオレなりの「読み書き」 /聞き手 金森 克浩
特集 合理的配慮を支えるための支援技術
アウトライン
(1) 特別支援教育における合理的配慮とAT /丹羽 登
(2) DO-IT Japanと学習の支援 /近藤 武夫
(3) 海外における合理的配慮とAT /齊藤 由美子
(4) 発達障害への合理的配慮 /梅田 真理
(5) 知的障害への合理的配慮 /杉浦 徹
(6) 肢体不自由への合理的配慮 /福島 勇
実践事例編
発達障害
(1) 事例1 読みの困難を抱えた子どもへのICTを活用した支援 /井上 賞子
(2) 事例2 スマートフォンとポメラを活用した支援で,登校しぶりは改善しなかったが学習意欲が戻った,二つの発達障害を合併している事例 /河野 俊寛
(3) 事例3 「できた!」を感じる大切さ /松谷 真由美
知的障害
(4) 事例4 これがあれば自分でできるよ /髙原 淳一・滝澤 健・平岡 千明
肢体不自由
(5) 事例5 肢体不自由学級における合理的配慮の実践 /森田 彩予
視覚障害
(6) 事例6 見えにくさに応じたAT活用 /山本 一寿
聴覚障害
(7) 事例7 聴覚障害におけるICTを活用した合理的配慮 /新谷 洋介
病弱
(8) 事例8 病弱・虚弱特別支援教育を受ける子どもたちの困難をiPadで解消しよう /近藤 創
ミニ特集 ATを活用するために!外部機関との連携
(1) 高専との連携 「全国KOSEN福祉情報教育ネットワーク」が目指す特別支援教育機関との連携活動 /清田 公保
(2) 大学との連携 電気通信大学と東京都立調布特別支援学校の取り組み /西野 哲朗・後藤 隆彰
(3) 企業との連携 企業と連携,支援機器をおしゃれでかっこいいものに /坂井 聡
(4) 医療との連携 医療と教育で行う筋ジストロフィーの生徒への支援 /田中 栄一
iPadのある生活 iPadを暮らしに取り入れたら,こうなった! /中谷 正恵
情報コーナー
Webサイト 「国立特別支援教育総合研究所 インクルーシブ教育システム構築支援データベース」について /藤本 裕人
おススメの学習ソフト
パソコン編 視覚障害教育で利用できるパソコン用ソフト /氏間 和仁
ケータイ編 おすすめのアプリ これを使って楽しく生活 /坂井 聡
優れ機器
教室編 教室でオススメ iDevicesの画面を大きく映し出すには /福島 勇
家庭編 ボクのオススメな使い方 /松谷 真由美
研究会案内 大分特別支援教育カンファレンス /高野 嘉裕
海外情報 CSUNカンファレンス /田中 良広
知っておきたいAT用語 いまさら聞けないAT用語をピックアップ /大森 直也
一度は手にしたい本 /伊藤 和育
『読み書き障害のある子どもへのサポートQ&A』(河野俊寛 著)
『〔実践〕特別支援教育とAT第3集』(金森克浩・梅田真理 編)
編集後記 /金森 克浩
https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-127615-7より引用)

なんといっても、この号の巻頭インタビューは井上智さんに来ていただいたことです。
井上さんにはご無理をお願いしてしまい、その後体調を悪くされたと聞いているので、本当に申し訳なく思っていますが、井上さんから発する思いや、エネルギーはぜひ多くの人に伝えたいと感じています。
このブログでも何回か紹介させていただきましたので、まだ見ていない人はぜひ、ご覧下さい。

http://magicaltoybox.org/kinta/2016/01/11/12484
LD(Learning Difference)「学び方が違う」を理解するための動画「ディスレクシア「Dyslexia」」
いつもお世話になっている井上智さんが作成された動画です。細かい解説はしません。ですが、これは特別支援教育関係者だけでなく、すべての人に、いま困難を抱える子どもたちを理解するために見ていただきたいと思います。
合理的配慮を考える上でも、このインタビュー記事はぜひお読み頂きたいと思っています。
https://www.meijitosho.co.jp/detail/4-18-127615-7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加