肢体不自由児協会「障害の重い子どものコミュニケーション支援機器活用講座~視線入力機器の活用を中心に~」



ここのところ、立て続けに研修会案内ですね。
研修会を告知する時期なんでしょうかね。
さて、以前お知らせしておりました

視線入力

に絞った研修会をします。
2日間みっちりやっていきますので、お楽しみに。

以下が開催要項(リンクのアドレスを間違えていました)
http://www.nishikyo.or.jp/pdf/workshop/guidance_h30communication.pdf
こちらが申込用紙(リンクのアドレスを間違えていました)
http://www.nishikyo.or.jp/pdf/workshop/application_h30communication.pdf
以下引用

障害の重い子どものコミュニケーション支援機器活用講座
~視線入力機器の活用を中心に~
開 催 要 項
1. 趣 旨
新たなコミュニケーションのツールとして注目されている視線入力機器の活用を中心に様々な入力装置の活用について実践する講習会です。
2. 主 催
社会福祉法人日本肢体不自由児協会
3. 日 時
平成30年3月17日(土)午前9:30~午後5:00
3月18日(日)午前9:00~午後4:30
4. 会 場
心身障害児総合医療療育センター 療育研修所(東京都板橋区小茂根 1-1-10)
5. 交 通
東京メトロ有楽町線及び副都心線「小竹向原」駅下車 徒歩約10分
6. 対 象
特別支援学校・療育関係者
7. 研修内容
視線入力装置を中心に肢体不自由児がコンピュータを操作するための「基本設定」「ソフトの選択」「入力装置」「授業での活用実践」などを、専門的立場から指導にあたっている第一線の講師による講義と実習により受講します。
8. 講 師
金 森 克 浩 (日本福祉大学)
伊 藤 史 人 (島根大学)
福 島 勇 (福岡市立今津特別支援学校)
外 山 世志之 (東京都立町田の丘学園)
谷 本 式 慶 (東京都立八王子東特別支援学校)
9. 参加費 15,500円
10. 日 程
○1日目(3月17日)9:30~17:00
受付 9:00~
9:30~10:30 肢体不自由児のための支援機器入門
講師:金森克浩
10:30~12:00 視線入力装置入門
講師:伊藤史人
13:00~15:00 演習
講師:金森克浩、伊藤史人、福島勇、外山世志之、谷本式慶
15:00~17:00 さまざまな視線入力装置とそれを活用するためのアプリ紹介
講師:金森克浩、伊藤史人
○2日目(3月18日)9:00~16:30
9:00~12:00 視線入力装置活用事例紹介
講師:福島勇、外山世志之、谷本式慶
13:00~16:00 演習
講師:金森克浩、伊藤史人、福島勇、外山世志之、谷本式慶
16:00~16:30 まとめ(肢体不自由児の入力機器を総合的に評価するためのアセスメント)
講師:金森克浩

参加申込はすぐにできなくって、
平成30年1月22日(月)9:00からとのこと。
その時期になったら再度告知しますので、参加したいという方はぜひ予定を空けておいて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加