特別支援学校高等部では就学奨励費でICT機器の購入に補助がつきます


前こちらで紹介したように

就学奨励費を使ってICT機器(iPad)を実際に購入してみたお話
こちらより就学奨励費を使ってICT機器(iPad)を実際に購入してみたお話いつもお世話になっているketonさんのお子さんは東京の特別支援学校に通われているとのこと。昨年度は高等部1年生だったことからICT機器を就学奨励費の補助教材費で購入
特別支援学校高等部1年生から就学奨励費でICT機器購入に対して5万円までの加算
最近表記のことについて学校の先生からお問い合わせをいただくことがあります。その中で以下のメールがありました。高等部の生徒がipadを購入するときには補助が出る制度が始まることを聞きました。ですが,これは正しくはありません。就学奨励費の中で補
キートンコムブログより「うちは補助金でiPad miniを買いました」
(ぽっしゅんのNo.5から)間にも紹介したことのある、特別支援学校高等部での就学奨励費によるICT機器購入の話題です。ブログはこちらより以前紹介した記事はこちらです。いろいろな学校での調査をしていると、それぞれの自治体ごとの差が分かってきて

ただ、今年度から無くなるのではないかという噂が立っていましたが、無事に今年度も支給されているとの事です。
そんな中、パンダパパさんが購入についての記事を書いていました。

特別支援教育就学奨励費でiPadを購入(その1)
パンダ君、この4月に養護学校の高等部に入学しました。特別支援学校の高等部になると、ICT機器を特別支援教育就学奨励費で購入することができます。上限5万円。早い話、iPadなどのタブレット端末が自己負担なしで購入できます。そこで、パンダ君にi

シリーズで書くようなので、まだ続きがあるみたいですが、これだけ見ても関心のある人にはとても参考になるでしょう。
そして、学校の教員に考えてもらいたいのは保護者はすでにここまでの知識を持って行動している事。
自治体などにもよるのですが、学校単位でしか買う事を認めてもらえない場合とか、いろいろですが、自分事として考えてもらいたいです。
特に、パンダパパさんが書かれている

学校での個別教育計画書に、ICTの利用が記載されている必要がある。

というのは、大きいですね。
これは、支援機器ではなく

教材

として購入されるものなので、しっかりとした学習活動がそこに記載される必要がある。

私は苦手だから

といった事で、避けて通る事はできないです。
まあ、私はそういったネガティブな思考で考えるのでなく、新しい教材を使って指導ができるので面白い、という風に考えてもらいたいですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント