okakohei.comより「読み上げソフトに必要な機能とは」


以前、東大先端研にいらした岡さんのブログに表記の記事が載っていました。

これを見た瞬間、

あれこれ見たことがあるぞ・・・

と思いました。
自分自身もデジタル教科書の研究をしていましたので、様々な情報を収集する中で参考にしていた気がしたからです。
そこで探したらこちらにありました。

改めてこの資料を見ると、とても素晴らしい研究であることがわかります。
デジタル教科書の本質を考える上で、私が作った研究よりもいいかもしれない。
実際、私の研究は先端研の近藤さんにもお手伝いをいただいていますが、多岐に渡り丁寧にされています。
そして、この研究が元となってURAWSSが作られたのだなぁと思える、記述もあります。
小学生の読み書きの理解 URAWSS ウラウス
ATACの発表と同時に河野先生がやられていた研究成果の評価ツールが発表になりました。小学生の読み書きの理解URAWSS ウラウス(リンク先変更)以下引用読み書きが困難な子どもを理解するツールとしてご利用ください。・学習に影響しやすい読み書き
ちなみこの報告書は中間報告書ですので、最終報告書はこちらとなります。
平成22年度「民間組織・支援技術を活用した特別支援教育研究事業」(発達障害等の障害特性に応じた教材・支援技術等の研究支援)最終報告書:文部科学省
こちらは、読み手を意識されたのか、岡さんの表は削除されていたようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加