視線入力訓練ソフト「EyeMoT」公開版

スクリーンショット 2016-03-12 7.15.54
表記のソフトが公開版になりました。

視線入力機器についての過去記事はこちら
やはり視線入力は熱い
先日はこちらを紹介しました。(Web版)HL & EyeX導入マニュアルしかし,やはり日本の代理店もありますし,障害のある子どもたちへのソフトも充実しているこちらの方が良い面はたくさんあります。<重度障害者用意思伝達装置 非課税対象
視線入力装置の新しい動き
はじめに断らせてください。Tobii社が出しているマイトビーはとても素晴らしい機械です。私が,関わっている高知の高校生はこれがあることによって格段に生活の質が高まりました。また,現在でもトビーコミュニケーターとの組み合わせのマイトビーやマイ
Tobii EyeX conntorollerを使った視線入力アプリ「Eye Mot」がバージョンアップした
島根大学の伊藤ふみとチームが作っているTobii EyeX conntorollerを使った視線入力アプリ「Eye Mot」がバージョンアップしたそうです。このアプリを使うためにはUSB3のインターフェースが付いたWindows7以上のマシ
これを使えるためにはUSB3.0の付いたWindowsパソコンとTobii EyeX conntorollerまたはSteelSeries Sentry Gaming Eye Trackerが必須です。また、ソフトをダウンロードすると説明書に書いていますが固定具はぜひ揃えていかなければなりません。
これは、操作者にとっての失敗経験を与えてしまう可能性が多く、本来の性能を生かせません。
ですので、できればこういった機器の操作に詳しい人に聞いていただいた上で導入を検討してもらいたい。
魅力的ですが、すぐに使えるものではないということは事実です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は 1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→
特別支援教育ランキング フィードバックは次の日記の意欲につながるので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする